地球に優しい電気、太陽の光を太陽光発電で、暮らしのエネルギーに!

エコロジー
TOPへ
太陽光発電ってなに?
太陽光発電ってなに?A
太陽光発電の安全性
太陽光発電の仕組み
 

 

太陽光発電ってなぁに??

地球温暖化が懸念されるなか、地球に優しい発電ということで関心が集まっている。
「導入費用が高いのでは?」「設置や維持費が大変なのでは?」「給湯器で使った場合きちんとお湯は出るの?」と、心配している方も多いのではないでしょうか?
確かに、地球に優しいのは嬉しいですが・・・お財布にも優しいようでないと、なかなか導入には踏み切れませんよね!では、その「太陽光発電」とは一体どのようなものなのでしょうか?
太陽光発電というのは、ソーラー発電とも呼ばれ、太陽の光のエネルギーを直接電気に変更する、新しい発電方式です。変更には、太陽電池という電力機器を用います。シリコン太陽電池が主流ですが、その他にも様々な化合物半導体を素材にしたものが実用化されつつあります。太陽のエネルギーは、再生可能なエネルギーです。そのため石油などのように、資源をとり尽くしてしまい、将来枯渇するということはありません。また、昼間の電力需要のピークを緩和する利点、および温暖化ガス(二酸化炭素などの温室効果ガス)の排出量を消源できるという、温暖化抑制の効果が期待できます。
その一方で、太陽光発電(ソーラー発電)は、導入費用が比較的効果であるという難点があります。高価という印象が根強いのは確かでしょうが、近年では研究や開発が進んで性能も向上し、設置や維持が容易になるなど、将来性のある産業として期待されています。愛知県で行われた「愛・地球博」では、長久手会場で太陽光発電の施設が紹介されました。「地球に優しい」電力として、もっともっと開発普及が進んでほしいと思います。

 

太陽光発電システムの種類

系統連系型システム

商用電力系統と連系して電気を売買するシステムです。発電量が不足するときには電力会社から電気を購入し、発電量が余るときには電力会社に買い取って頂く事ができます。
住宅 用太陽光発電システムや公共産業用太陽光発電システムはほとんどこの方式です。

昼間に太陽電池で発電した電力を交流または直流に変換して負荷に供給するシステムと、余剰電力をバッテリに蓄え夜間や雨天時にも電力を供給するシステムがあります。
商用電力に頼らずに独立した電気エネルギーを使用できます。

 

使用例

・家庭用電源
・公共、産業用電源

 

 

独立型システム

商用電力系統と完全に分離したシステムで、太陽光で発電した電気だけで運転します。
太陽光が少ない曇りの日や夜間にも運転する場合には、蓄電池に電気を貯めておく必要があります。

直流電源システム

 

使用例

・街路灯 ・無線機

                        ・時計  ・道路標識

 

交流電源システム

 

使用例

・離島や山間部などの非電

化地域における交流電源

Favorite

リハビリ専門学校のおすすめランキング

最終更新日:2017/9/12

             次へ

Copyright (c) 2008.taiyoukouhatuden. All right reserved.