地球に優しい電気、太陽の光を太陽光発電で、暮らしのエネルギーに!

エコロジー
TOPへ
太陽光発電ってなに?
太陽光発電ってなに?A
太陽光発電の安全性
太陽光発電の仕組み
 

 

      太陽光は「屋根上貯金」          

クリーンな自家発電を設置される個人の方が増えています。

太陽光発電システムを設置されている住宅は全国で約30万件ほどあると言われております。

その設置件数は年々増加しています。では、なぜこのように設置される住宅が増えているのでしょうか?

環境に優しいクリーンエネルギーである太陽光発電で得られた電力のうち、使い切れず残った電力は電力会社さんに『売れる』からです。

つまり、自宅が『クリーンな発電所』になるからです。

 

設置宅が増えている理由

現代の生活において、なかなか減らせない電気代支出。太陽光発電を設置している住宅の多くは、設置する初期費用や経済的なメリットのシミュレーションを行っています。日々の電気代や将来支払う電気代の合計額を予測し、比較した結果『同じ電気代を支払うなら、地球環境を考え、経的済メリットのある太陽光発電の方が良い!』という考えで設置される方が急増中!

 

 

@太陽電池モジュール(屋根上)

Aパワーコンディショナーと接続箱(外壁)

B分電盤(屋内)

C買電と売電メーター(屋外)

太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える【1.太陽電池モジュール】で太陽の光から電気を

つくり、太陽電池で発電した電気を、【2.パワーコンディショナー】と接続箱で集めて、

実際に家庭で使用できる電力に変換します。【3.分電盤】を通って家中に電気を送ります。発電が

少ないときは、電力会社より電力を購入、発電量が多くて使いきれない時は電力会社へ売ることができます。

【4.買電メーター・売電メーター】の2つのメーターで自動的にその区別を行います。

 

太陽光発電の設置に補助金が交付されるんです!!

私が太陽光発電システムを設置したとき、市から補助金がもらえたんです。「環境にやさしい街づくり」という考えから、太陽光発電の導入を積極的に支援するんですって。ホントに助かったわ。

一部の自治体では、太陽光発電システムの導入に補助制度を設けています。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)では、出力3.00kW以上のシステムを設置するさいに200万円の融資が受けられます。助成金額などは自治体によって異なります。

 

recommend

プロフィール写真を大阪で撮影
http://studiozero-photography.jp/

2017/5/11 更新

Copyright (c) 2008.taiyoukouhatuden. All right reserved.